後遺症と後遺障害

後遺症とは怪我や病気をした時に治療を受けたにもかかわらず、完治することなく今後も回復が見込めない身体や精神の症状のことを指します。

ここでは主に事故の後遺症について説明します。

後遺症と混同して使われがちな「後遺障害」は、交通事故によって受けた精神的または肉体的な障害がこれ以上治療を受けても良くも悪くもならない症状固定の状態となった後に、労働能力が低下もしくは失われることが認められる症状のことを言います。

つまり、交通事故によって怪我をして治療を行ったけれども残ってしまった症状が後遺症であり、症状固定となった後に、後遺障害として等級認定を行った上で損害賠償の請求の対象となるのが後遺障害です。
障害によって労働能力が失われたと判断された場合はこの損害に対して保障しなければいけませんが、後遺症が必ずしも後遺障害となるわけではありません。

後遺症が保障の対象である後遺障害に該当するかどうかを判断するのは主治医ではなく、裁判官です。
後遺障害に該当するか判断するには、医学的知識だけでなく高度な法的知識も必要となります。

後遺症が残り、後遺障害と認めてもらいたい場合、まず大切なのは早めに弁護士に相談することです。
事故直後に適切な検査を受け、整形外科に定期的に通院するなど事故後にきちんとした治療を行っていなければ後遺障害として認められないことがありますので、交通事故の弁護に精通した弁護士などに相談するといいでしょう。